歯医者に行って治療しよう

綺麗な歯並びを目指そう

子どもの悩みを聞こう

深刻に歯並びを気にしている子どもが見られます。
綺麗にしたいと言っていたら、矯正させてください。
最近は日本でも歯並びを矯正する人が増えてきましたし、子どもでもできます。
まだ早いと、大人が決めつけないでください。
歯並びが悪いことが原因で、子どもはいじめに遭うかもしれません。
今はいじめられていなくても、これからターゲットされることがあります。

早めに改善して、平和な生活を送れるように準備しましょう。
子どもは気になっていても、何も言えないかもしれません。
親から、歯並びを矯正したくないか聞いても良いですね。
すると素直に自分の気持ちを伝えてくれると思います。
親が勝手に矯正させることはしないでください。
子どもに判断させましょう。

痛みは感じにくいから安心

矯正に興味があるけれど、痛みを感じるのか不安を抱いている子どもが見られます。
しかし痛みは感じにくいので、安心して歯並びを矯正してください。
小さい子どもを歯医者に連れていく際は、子ども向けのところを選択するのが良い方法です。
そこなら待合室にオモチャや絵本があるので、楽しく待つことができます。

大人向けの歯医者は、殺風景な内装になっています。
そこで黙って待っていると、子供は次第に恐怖心を抱いてしまうかもしれません。
子ども向けの歯医者を調べて、訪れるように意識しましょう。
また、頑張って治療が終わったらシールなどのご褒美をくれる歯医者も多いです。
子どもは怖くてもご褒美のために、ガマンしてくれるでしょう。


▲ TOPへ戻る